体長わずか2センチ、絶滅危惧種ゴマハゼ展示 佐世保・海きらら

西日本新聞 長崎・佐世保版 竹中 謙輔

 長崎県佐世保市鹿子前町の九十九島水族館海きららで、近くの入り江で採取した絶滅危惧種のゴマハゼ約150匹が展示されている。体長わずか2センチほどの愛らしい姿が、訪れた人たちの視線を引きつけている。

 海きららによると、ゴマハゼは国内で最小クラスの脊椎動物で、半透明の体に黒くて丸い模様があるのが特徴。波が穏やかな九十九島沿岸では群れで泳いでいるが、全国的には生息数が減少し、環境省が絶滅危惧2類に指定している。

 スタッフの永光萌衣さん(22)は「かわいいと人気です。じっくりと目を凝らして見てください」と話している。展示は11月30日まで。 (竹中謙輔)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ