妻を助け、濁流の犠牲に…「出てきなすな」かき消された声 熊本豪雨

 熊本県南部を襲った豪雨から一夜明けた5日、被災地の深刻な状況が次々と明らかになった。芦北町や人吉、八代両市で新たな犠牲者が確認され、死者数は22人に。心肺停止と行方不明者を合わせた数も28人に上った。球磨川の氾濫で濁流にのみ込まれた球磨村では道路が寸断され、多くの集落が孤立し、いまだ被害の全容は見えない。「早く助けてあげて」。無情にも降りしきる雨の中、住民たちは祈るように捜索活動を見守った。

 市街地一帯が水没した熊本県人吉市では5日、9人の死亡が確認された。豪雨から一夜明けて水が引き、流木のかたまりや横倒しになった車が転がる「泥の街」の惨状があらわになった。

 同市下薩摩瀬町の井上三郎さん(81)は、自宅前で濁流にのまれ亡くなった。道向かいに住む魚住光二さん(70)によると、4日朝、胸の高さにまで冠水した道路に井上さん夫妻が出てきた。「出てきなすな! 家におったが安全」。制止する声は濁流にかき消された。

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ