同じデイサービスを利用する認知症の人たちが…

西日本新聞 オピニオン面

 同じデイサービスを利用する認知症の人たちが、そろいのTシャツ姿で自動車販売店の展示新車を洗車し磨き上げる…という記事と写真を東京新聞で見た

▼前に何かで読んだ気がした。調べると5年前の本紙連載記事の一こまとして書かれていた。東京都町田市にあるホンダの東京中央町田東店。その記事のときは冬で、みんな赤いジャンパー姿だった

▼同市内のデイサービス施設「DAYS BLG!」の取り組みの一つだ。働きたいという声を聞き、地域の企業に掛け合って始めた。洗車への謝礼金は参加者で分け合う。有償ボランティアという形が、自分にもできる「仕事」があることを教えてくれる

▼元建設作業員がいる。商社勤めだった人、営業で全国を飛び回っていた人もいる。施設名の中の「BLG」は、障害、生活、集う場、の英語の頭文字から取った。施設運営者の前田隆行さんは昨年、ノウハウを伝える会社「100BLG」を知人と設立した。全国100カ所のBLGを目指している

▼野菜の配達や洋服生地の裁断などさまざまな仕事があるという。関西にできたBLGの中には海外製マスクの検品作業を行うところもあるそうだ

▼認知症の人が自分らしい暮らしができる社会づくりをと政府は言う。具体的な取り組みはこれから。BLGがヒントになりそう。人と社会との多様なつながりを地域で整えることなしに総活躍社会は語れない。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ