死者は25人に 捜索活動阻む雨 熊本県南部の豪雨被災地

西日本新聞 前田 倫之 村田 直隆 壇 知里

 豪雨で甚大な被害を受けた熊本県南部は6日、再び激しい雨に見舞われた。行方不明者の捜索や被災者の救助活動が阻まれ、避難所に多くの人が身を寄せた。

 土砂崩れで民家が流れ、高齢女性と息子の行方が分からなくなった同県津奈木町福浜では、雨の影響で5日夜に捜索活動が中断。6日午前7時の再開を予定していたが、見送った。

 消防団の長浜隆典さん(45)は現場近くで土のうを設置していた。「今できるのは二次災害に備えること。一刻も早く見つけられるように作業を再開したい」と話した。天候が回復し次第、同日午後にも捜索活動を再開する方針。

 一方、1人が行方不明となっている芦北町天月では朝から、自衛隊や警察など70人態勢で捜索。道路が寸断され、孤立した同町東部の地区では、自衛隊が米や水を徒歩で運ぶなどしているという。

 県では6日午前6時現在で19市町村159カ所の避難所に、385世帯1912人が避難。県などによると、同日午前10時現在、人吉市と八代市、芦北町、津奈木町、球磨村で計25人の死亡が確認された。球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」の14人を含む16人が心肺停止、12人が行方不明となっている。各地で道路の寸断や土砂崩れが発生。集落の孤立も続いている。(前田倫之、村田直隆、壇知里)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ