「まだ一緒にいたかった」結婚50年の妻、豪雨に奪われ…夫は絶句

西日本新聞 社会面 長田 健吾 村田 直隆 古川 大二 綾部 庸介

 記録的な大雨が九州全域を襲った。既に甚大な被害が出ている熊本県でも再び雨脚が強まり、行方不明者の捜索活動は一時中断。各避難所に身を寄せた住民たちは「さらに被害が広がるのでは」と不安を募らせた。

 「まだ一緒におってもらいたかった。お礼もできず…」。6日、熊本県芦北町内の寺院。亡くなった同町箙瀬の山本レイ子さん(78)の夫守さん(75)は通夜の準備の手を止め、絶句した。

 激しく雨が降っていた4日午前3時すぎ、隣人から「そこまで水がきている」と電話があった。外に出るとみるみる水かさが上がり、雨どいにしがみついて屋根に上がった。家の中にいたレイ子さんを呼ぶ声は雨音にかき消された。「水がきとるね」「増えとるね」と交わした言葉が最後になった。

 集落の人が流してくれたボートに乗って助かった。水が引いた午後、自宅に戻ると、玄関でレイ子さんが倒れていた。「長男の遺骨を取りに行ったのだろう」。48歳で急死した長男の法要を終えたばかりだった。

 けんか一つしたこともなかった。いつも「おまえがおらんと、俺は何も分からんとよ」と話した。今年で、結婚から50年だった。

仲良し両親「まさか」

 豪雨は各地で土砂崩れも起こし、多くの命を奪った。「最後は2人が近くにいてくれて良かった。仲良しだったから」。同町女島で命を落とした小崎清一さん(69)、峰子さん(68)夫婦の三女奈美さん(40)は話した。

 4日午前5時ごろ、心配した姉からの電話で目が覚めた。居間でニュースを見る父と、台所にいた母を見たのが最後だった。「ゴォー」という音が聞こえたと思うと、数秒後に土砂が入ってきた。倒れるタンスをよけ、携帯電話で119番した。近くの住民に引き出してもらうまでの10分間は「両親の安否だけを気にしていた」。

 心残りは、新型コロナウイルスの影響で延期したままだった清一さんの退職祝いと、来年に予定していた両親の古希のお祝いができなかったこと。土木会社に勤めていた清一さんは、災害で傷んだ道路や橋の修復に関わっていた。「まさか、自分が土砂崩れで亡くなるとは思ってなかったでしょう」と目を伏せた。

人気者も救助直後に

 天災は、朗らかな地域の人気者の命も奪った。犠牲になった同町佐敷の酒井民子さん(82)は「民ちゃん」と親しまれていた。知り合いを見つけると、道路の反対側からでも「なんばしよっとかー」と大声で手を振った。隣に住む義理の兄大瀬政美さん(92)によると、友人の多い酒井さんはよく自宅に人を招いては、食事や趣味のマージャンを楽しんだ。知人の働き口探しや縁結びに奔走することもあった。

 酒井さん方周辺の冠水は4日午前3時半ごろに始まった。大瀬さん夫婦は酒井さんを助け出そうと、3人で玄関先にあった植木鉢を置く台(高さ80センチ)に上り、棒で屋根を突き破って顔を出した。首付近まで水に漬かった状態のまま、約5時間耐えた。消防署のボートが到着した直後、酒井さんは心肺停止状態となった。「助かったと思ったのに」。大瀬さんは唇をかむ。

 数十年来の知人の桑本憲任さん(73)は「一緒にビールを飲んだばっかり。残念、無念…。言葉が見つからん」と表情をゆがめた。 (長田健吾、村田直隆、古川大二、綾部庸介)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ