民家裏山で土砂崩れ、80代夫婦が軽傷 佐賀県太良町

西日本新聞

 佐賀県太良町糸岐で6日午後4時半ごろ、民家の裏山が崩れて土砂が流入し、住民の80代夫婦が軽傷を負った。杵藤地区消防本部などによると、妻は頭から出血し、夫は右足を切っていずれも病院に搬送された。

 隣家の樋口徳義さん(76)は「当時は雨がひどく、バキッ、ドサッと大きな音がして土砂が押し寄せた。奥さんは頭から血を流して動けない様子だった」と話した。

 また、同県武雄市武内町の山間部の市道で6日夕、道路脇のがけが崩れ、土砂が流れ出して通行止めとなった。7日午前9時半時点で復旧していない。

 7日も大雨が予想されることから、県内では佐賀市や伊万里市などの小中学校が相次いで臨時休校に。県立高校も大半が休校となった。(河野潤一郎、古賀英毅)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ