「ものすごい勢いで怖かった」 大分・日田市で氾濫相次ぐ

西日本新聞 岩谷 瞬 中山 雄介 笠原 和香子

 大雨の影響で、大分県では7日午前7時現在、県内全18市町村に大雨警報が発令。筑後川が氾濫した日田市の1万5784世帯3万7919人、九重町の257世帯679人に避難指示、日田、中津、由布の3市の計2万7495世帯6万826人に避難勧告が出ており、少なくとも507世帯876人が避難している。

 少なくとも国道や県道などの計43カ所で土砂流出や倒木などが発生し、一部で通行止めとなっている。

 7日午前7時40分ごろ、日田市天瀬町の筑後川支流の玖珠川近くに住む70代女性が流された。大分県警日田署によると、女性は玄関で夫と浸水する水を止める作業をしている際に、流されたという。

 氾濫した筑後川沿いにある日田市北友田の商業施設などでは川の水が敷地内に流入。こども園も浸水し、遊具が傾いたり、流木が流れ込んだりしていた。近くに住む女性(80)は「茶色の水があふれて一気に一帯が水浸しになった。ものすごい勢いで怖かった」と話した。(岩谷瞬、中山雄介、笠原和香子)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ