あまのじゃくだからだろうか…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 布谷 真基

 あまのじゃくだからだろうか。新聞やテレビで目にするようになった言葉になじめない。新型コロナウイルス感染拡大期の「自粛要請」。自粛は自ら進んで行いや態度を慎むことと辞書にはある。要請された行いは自粛と言えるのか▼「終息」と「収束」は使い分けに困る言葉。手元の記者ハンドブック(共同通信社)には「新型肺炎の終息」「事態を収束」などと用例がある。ウイルスが引き起こした事態だと捉え、新聞では主に「収束」の表記を使うことになったようだ▼オーバーシュート、ロックダウン、ソーシャルディスタンス…。外来専門用語をそのままカタカナにしたような言葉もメディアは連発。新聞はかっこ書きで日本語の意味を補う努力はしたが、コロナ禍では伝える難しさも痛感させられた。 (布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ