避難の疲れ癒やして、人吉市で温泉無料利用の準備進む

西日本新聞

 豪雨による甚大な被害を受けた熊本県人吉市。避難所の運営態勢が本格化してきた。

 7日に人吉西小(人吉市城本町)の避難所に、段ボールベッド90台が設置された。現在、約600台が届いているという。約1100人の避難者がいるので、今後もまたプッシュ型で来る予定。

 避難所には今後、洗濯機、乾燥機、シャワー、クーラーも設置予定。また、被災者が人吉市と球磨郡内の温泉を無料利用できるよう準備も進めている。(郷達也)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ