九州は9日も大雨の恐れ

西日本新聞 御厨 尚陽

 梅雨前線の影響で、九州地方は9日も、非常に激しい雨が降る恐れがある。これまでの大雨で地盤が緩んでいる上に、河川も増水しているため、気象庁は厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、九州南部に停滞している梅雨前線が9日にかけて北上し、大気が不安定になる見通し。

 9日の1時間予想雨量は、いずれも多いところで、宮崎県70ミリ、鹿児島県60ミリ、佐賀、長崎、大分、熊本各県30ミリ。10日午前6時までの48時間雨量は鹿児島県400ミリ、熊本、大分両県250ミリと予想している。(御厨尚陽)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ