トヨタの強さは製品開発にこそあり!GAFAも取り入れるCE制度に学べ

西日本新聞

 かつては「ものづくり大国」と称された日本の地盤沈下が叫ばれて久しい。iPhoneのようなヒット商品がなぜ生まれないのか、GAFAに代表されるアメリカ企業に顕著な創造性がこの国になぜ育たないかという論調は聞き飽きたと言ってもよいほどだ。ところが、当のGAFAが成長の原動力とした「プロダクトマネージャー制度」はトヨタの「チーフエンジニア(CE)制度」に学んだものだというのだ。

 このことが日本国内では、あまり知られていない。トヨタ関連のビジネス書と言えば、書店にコーナーができるほど出版されているが、そのほとんどは「インスタントラーメンと並び戦後の世界的発明といわれるトヨタ生産方式(TPS)や原価低減、品質管理がその根源だとして」いる。

 しかし、TPSは自動車をいかに大量に、安く、バラツキなくつくるのかというHOWについての仕組みであり、何をつくるかというWHATについては語られていない。そのWHATを生み出す仕組みこそがCE制度だ。その顧客本位の商品開発により、トヨタはいまなお日本のトップ企業でありつづけている。

 本書は、トヨタでCEとして新車開発に長年たずさわってきた著者が他の企業で活用できるようCE制度を解説したものとなっている。

 第1章は、若者市場の攻略に挑み、「ファンカーゴ」や「bB」といったヒット商品を生み出した開発秘話。市場調査の方法から、購買意欲をくすぐるアイデアをどう商品として落とし込んだか、第3のカタログまで用意した訴求方法などが当事者ならではの具体性をもって語られている。この部分だけでも、似たような課題を抱える企業の担当者・経営者には大いに参考になるだろう。

 しかし、本書の読みどころは、ここからあとだ。開発の流れや組織体制がマニュアルのごとく順序立てて整然と解説されている。さらに、CEの資質についての17ヵ条や育成方法、CE制度を支えるトヨタの仕組みなど、即実践できるだけの内容が詰まっている。メーカーの人間ならずとも、組織づくりに頭を悩ませているビジネスパーソンなら、きっと役立つはずだ。

 

出版社:講談社
書名:トヨタ チーフエンジニアの仕事
著者名:北川 尚人
定価(税込):968円
税別価格:880円
リンク先:https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000327438

西日本新聞 読書案内編集部

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ