孤立住民「雨水で洗濯し湧き水飲んだ」 熊本・氷川町に20人避難 

西日本新聞 白波 宏野

 熊本豪雨で、熊本県氷川町の複合施設「竜翔センター」には、球磨村神瀬地区の住民を中心に約20人が避難している。避難所は7日夕方に開設。段ボールとついたてを使い、一人当たり2畳分のスペースを確保している。体が不自由な避難者のためのベッドも5台、用意している。

 男性(74)は7日に救助されるまでの3日間はろうそくで明かりを確保して過ごしたという。女性(61)は自宅の被害は免れたが、3日間の孤立生活を余儀なくされた。雨水で洗濯し、山の湧き水を飲んだという。

 8日朝の時点で神瀬地区にはまだ数人が取り残されているといい、女性は「残っている人は大丈夫でしょうか」と心配そうに話していた。(白波宏野)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ