子どもにハグしてやれない…コロナ禍、教員の葛藤

西日本新聞 筑豊版 坂本 公司 長 美咲

教員座談会(上)

 長い休校が明けて再開した学校では、新型コロナウイルスの感染防止、遅れた授業の挽回など、前例のない難しい役割が教員たちに求められている。福岡県筑豊地区の小中学校で働く5人に学校現場の実情や戸惑いについて語ってもらおうと、6月下旬に飯塚市内で座談会を開いた。内容を3回に分けて紹介する。 (聞き手は坂本公司、長美咲)

 -感染の場とならないよう、学校ではさまざまな対策を打っている。新たなルールを守らせるなど児童生徒の協力なしには成り立たないものも多いはず。苦労している点は。

 A 一番、守ってもらうのが難しいのはソーシャルディスタンス(社会的距離)。子どもたちは近づきたがるし、久しぶりに学校に来て会ったらハグしたいもの。そこは目をつむっている面もある。

 B 児童がくっついてきたら振り払えない。教師として最初の年だし、そういうことから関係をつくっていくところもある。

 D ハグされたら、こっちは手を添えないようにするだけとか。「3密だよ」と時々注意はするが、なかなか難しい。

 A 中学は部活でも難しい問題がたくさんある。バスケットボールは対面で近づいてやるのが前提だが、先週からやっとパスや試合形式の練習ができるようになった。それまでは一人ずつドリブルやシュートの練習だった。複数の生徒が同じボールに触れないよう、個人で1個ずつボールを管理させた。解禁になった練習試合で他校に行くときも、そのたびに保護者から参加同意書をもらっている。

体育は隔週で1時間に

 -ソーシャルディスタンスなどについてルールを守らせるよう、管理職から注意されることはあるか。

 C 学校再開当初は結構あった。

 D ただ、今は緩みつつある。ルールを厳密にしすぎると学校生活ができないと思う。

 -授業のやり方にも制限があるのでは。

 C 6年生の理科の授業に関して文部科学省からの指針を見たら、理科の実験は「感染リスクが高い学習活動」に挙げられていた。でも映像を見せて終わり、という教え方は子どもの学びにとってどうなのか。体験させたいという思いがあり、葛藤がある。グループごとの話し合い活動もできない。

 E 音楽では合唱じゃなくて「ハミング」をするという学校もあるそうです。文科省からの指針やQ&Aは明確ではないし、忙しすぎて読み込めない。

 C 小6の体育は週3時間と決まっているが、まだやりにくい。隔週で1時間などに抑えている。体育が好きな子にとってはつらいでしょう。

 -中3担当の先生には「年度内に授業を終えなければならない」というプレッシャーが強いのでは。

 A 極論を言えば、国語は文法と古典を確実に教えられればいい。その代わり教科書に載る論説文2本を1本に絞って取り上げるなど工夫できる。一方で教える項目の多い理科、社会、英語の先生は困っている。数学は練習問題を解く「演習」の時間を減らしているため、定着は徹底できていないのでは。高校入試の範囲も、具体的ではない情報が入ってくるだけ。文科省からの分厚いガイドラインをよく読めばヒントが書いてあるかもしれないが…。

 D 文科省や県教育委員会からの書類は次から次に来る。どこが変わったのか追いつけない。

   ◇    ◇

A:50代女性。筑豊地区の中学校の国語科教諭。バスケットボール部担当。

B:20代女性。筑豊地区の小学校で低学年クラスを担任。今春、教員に採用されたばかり。

C:30代男性。筑豊地区の小学校で教務主任を務める。

D:50代女性。筑豊地区の小学校の養護教員。

E:30代女性。筑豊地区の小学校で高学年クラスを担任。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ