九州、週末にかけて大雨警戒 土砂災害や河川氾濫の恐れ

 九州地方は週末にかけて、広い範囲で大雨となる恐れがある。福岡管区気象台と国土交通省九州地方整備局は9日、合同の臨時記者会見を開き、土砂災害や河川の氾濫への警戒と、早めの避難を呼び掛けた。

 気象台は大雨のピークを、鹿児島、宮崎両県で9日夕から同日夜遅く、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本の各県で9日夜遅く~10日昼前と予想。10日までは多いところで1時間に60ミリの雨が降る恐れがある。10日正午までに予想される24時間雨量は、九州北部が最大250ミリ、九州南部は同200ミリ。

 九地整の大野良徳河川調査官は「河川が少しの雨で氾濫する可能性がある。ハザードマップなどを確認し、危険が想定される場合は躊躇せず(避難の)行動を」と訴えた。(横田理美)

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR