無料もつ鍋に医療従事者ら5500人 福岡の専門店が企画「癒やされた」

西日本新聞 ふくおか都市圏版 木村 貴之

 新型コロナウイルス対策の最前線で働く医療従事者らを対象に、もつ鍋専門店「楽天地」(福岡市)が行った飲食代全額無料サービスで、期間中(6月中)のサービス利用者が延べ約5500人に上ることが分かった。同店が振る舞った金額は総額約2700万円となった。

 大盤振る舞いのサービスは水谷崇店主(49)の考案で、福岡市・天神やJR博多駅周辺など市内8店舗で展開した。市内の医療機関で働く医師や看護師、事務職員のほか、介護施設関係者らも対象に。レジで名刺などを提示すれば、もつ鍋料理など全メニューの飲食代全額が無料になった。

 同店によると、来店した医療従事者の大半は看護師だった。会員制交流サイト(SNS)で口コミが広がり、中盤から急増。複数回訪れた人も少なくないという。終盤は集中的に約3千人が訪れ、社員やアルバイト総出で対応したそうだ。

 「心も体も癒やされ、感謝の気持ちでいっぱい。今までで最高においしいもつ鍋でした」(女性看護師)-。店側にはサービスを利用した医療・介護関係者から感謝の声が相次いだ。水谷店主は「多くの人たちに喜んでもらい、よかった。赤字必至だけどなんとかなる。今後は常連客としてもてなしたい」と話した。(木村貴之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ