住基ネット破損、意思確認に時間 球磨村「千寿園」犠牲者14人公表

西日本新聞 熊本版 和田 剛

 熊本県南部を襲った豪雨災害で、県は9日、球磨村の特別養護老人ホーム千寿園で亡くなった利用者14人全員の身元を公表した。全員の遺族が氏名公表に同意していたが、村役場が被災し住民基本台帳ネットワーク住基ネット)が使えないため、故人が閲覧制限をしているかどうかの確認に時間がかかったという。 

 県は、県警が作成した検死報告書を元に被災者の死亡を確認。氏名公表には、(1)検死報告書に「遺族が氏名公表に同意」と記入がある(2)故人が住基ネットで閲覧制限をしていないこと-を条件としている。 

 村役場は被災直後から電話などの通信網が不調になり、8日には災害対策本部を村総合運動公園に移転した。村職員が住基ネットと別の場所にあった閲覧制限者のリストを見つけ、死亡者に閲覧制限者がいないことを確認できたという。 

 県によると、住基ネットの閲覧制限は、ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)被害を防ぐため住所を伝えたくない人などを想定。担当者は「千寿園の利用者が制限している可能性は低いと思うが、県の基準に従った」と話す。 

 県は発生翌日の5日、災害時の死者・行方不明者の氏名公表に関する「当面の対応方針」を初めて公表し、住基ネットの確認などの条件を盛り込んだ。ただ、遺族が公表に同意しない場合でも、被災地の混乱防止や二次災害を防ぐなど「公益上の必要性」がある場合は、公表するとした。 

 蒲島郁夫知事は9日、災害時の死亡者の氏名について「基本的には出す」と述べ、遺族が不同意の場合の取り扱いは「『公益上必要』ということが今、完全に定義されていない。改めて記者会見で明快にしたい」と述べた。 (和田剛)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ