鹿児島県で8人感染 福岡6人、長崎1人を確認

西日本新聞 社会面 豊福 幸子 黒石 規之 華山 哲幸

 福岡県内で10日、新たに6人の新型コロナウイルス感染が判明した。

 同県は、3人の感染を発表。このうち2人は直方市の30代女性会社員と田川市の50代女性会社員で、既に陽性が判明した飯塚市の50代女性会社員の同僚。筑紫野市の40代自営業男性の感染も確認された。

 福岡市は、40~50代の男性3人の感染を確認。粕屋郡の40代男性会社員は、クラスター(感染者集団)が発生した会員制スナック(中央区)の客と同じ会社の同僚という。同市博多区の50代男性経営者と粕屋郡の50代男性飲食店従業員の感染経路は不明。同市での感染確認は4日連続で累計415人となった。

 鹿児島県内では10日、計8人の感染が確認された。うち3人はクラスターが発生したとみられる鹿児島市の繁華街・天文館のショーパブ「NEWおだまLee男爵」の関連。

 長崎市は10日、長崎みなとメディカルセンター(同市)に勤務する20代女性が感染したと発表した。長崎県内の感染確認は20人目。 (豊福幸子、黒石規之、華山哲幸)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ