再生700万回超…話題の筑後弁「自粛犬」動画 ダンサーに聞く創作秘話

西日本新聞 山上 武雄

 愛犬「花ちゃん」がつぶやく、なまりの濃い筑後弁。ユーチューブ動画サイト「自粛犬!緊急事態宣言における犬の気持ち」が話題を呼びました。コロナ禍で自粛下での不満や不安を花ちゃんが犬の気持ち、ときには人間の気持ちになって面白おかしく吐露する。笑いあり、涙ありで、元気をもらったと評判で全10作は累計再生回数700万を超えました。制作したのは福岡県広川町出身のダンサー、イソップさん。創作秘話や故郷への思いを語ってもらいました。よろしゅう頼んどきま~す。

-この動画サイトをつくったきっかけは。

 ★イソップ 2月末ごろだったでしょうか、親が送った花ちゃんの写真をしゃべったかのようにできるアプリで加工して、LINEで送り返しました。親が「あんた大笑いした。友達にも見せたら、評判がよかった」って。僕の友達や先輩にも送ったら「元気もろうた」と、まじめなコメントが返ってきたんですよ。「笑うことば、おれ忘れとった」って。そんなこんなでSNSで広がって、ユーチューブに投稿することになって、反響がありました。

 ユーチューブでも同じリアクションでした。けんかしていた夫婦が「これで和んだ」とか。看護師さんからは「病院の患者さんに見せて、喜んでもらってます」とか、「久しぶり故郷の言葉を聞いた、懐かしい」といったコメントを頂きました。僕はコロナの影響でしばらく故郷に帰っていません。自粛中、みんな笑うことも少なかったようです。パワーになるのなら微力だけど、つくろうと。

 -全10回に及んだシリーズは、6月28日が最終回。毎週日曜日昼にアップしてきた。

 ★イソップ 前日の土曜日に作ります。その週にあった出来事を情報収集。高額のマスクの話題も。マスクを着けた花ちゃんが「50枚6000円で買った」と触れ、隣のカズエさんとこは3000円で買ったことに「ウチガツはボラれとったい(うちはぼったくられました)」と苦笑い。

 実家の母と給付金の話をしたとき、電話口に花ちゃんの声が聞こえました。そこで発想したのが、深刻な話をしていると感じた花ちゃんが家がなくなったらどうなってしまうの。「えすかたい(怖い)。とじぇんなかのや~(寂しいなあ)。捨てらるっじゃろかち(捨てられるのかって)」。なかなか外に散歩に連れて行ってもらえない。「そいこそ緊急事態っさい」とぼやく。犬もそうですが、人間の不満を代弁しています。こんな話を一気に吹き込んでつくります。アイデアを1時間吹き込んで、パソコンに落として2~3時間の作業です。

 「花ちゃんはカリカリ」とドライのドッグフードを勧め、「花ちゃんはお留守番」と留守番をさせる。これは犬を飼っている人の「あるある」ですね。

 -この方言は一緒に住んでいた父方の祖母を参考にしているとか。

 ★イソップ 10年ちょっと前に亡くなったヤヨイばあちゃんをイメージしています。ばあちゃんが言ったことを考えて、空想の世界でやりとり。ばあちゃんが降り注いで、もう恐山のイタコ状態です。ばさろ(たくさん)とか、おしょれ(折れる)、えすか(怖い)。八女郡広川町ネーティブというか。同じ福岡県内の人でもヒアリングは難しいはずです(笑)。動画の締めのセリフ「よろしゅう頼んどきま~す」も祖母がしゃべっていました。佐賀弁のそいぎんた(さよなら)も使ってますが、これは東脊振(佐賀県)出身の母の言葉です。

 -最終回の最後、菓子折りを渡されて遠慮する様子も描いている。

 ★イソップ これは昔のお年寄りの「あるある」ですね。「よかじゃん。そげんしてもらわるっとでけんじゃん!」。小さい頃、見た光景ですが、けんかしているのかなと勘違いしてましたね。

 -ひと通りしゃべった後のヒヒヒッと引き笑いも面白い。

 ★イソップ 故郷のおじいちゃんおばあちゃんは面白いことを言ってヒヒヒッと笑いながら、次は何を言って笑わそうかひそかに考えているんですよ。

 -これだけ面白い動画をつくってきた。プレッシャーは。

 ★イソップ ありました。たくさんの方に見てもらっているし。でも、よく考えたら「何を変な意識しているの?」と自問しました。実家やその周りの方々が笑って和んでもらうために作ったのが始まりじゃないかと。それさえできたら“ミッションコンプリート”なんです。

 -続編を望む声が相次いでいる。

 ★イソップ そう言ってくれてありがたいです。でも僕はダンスの人間。あくまでも軸はそこです。動画についてはまたいつか機会があれば、考えます。そのときはよろしゅう頼んどきま~す。

 (文と写真・山上武雄)

 ▼イソップ(ISOPP) 本名・丸山悟史。1977年10月生まれ。高校時代にダンスを始め、2005年にブレイクダンス世界大会で優勝。NHK・Eテレテレビで放映された、障害のある子どもたちに体を動かす喜びを伝えるヒーロー、ストレッチマンのオレンジ役も務めた。イソップの由来は、ラグビードラマの登場人物イソップの声が似ていることで付けられた。取材日は7月3日。その後の九州での大雨被害に「非常に気掛かりです」と心配している。川崎市在住。

 ▼はなちゃん ミニチュアダックスフントのメス。7年前に丸山家に来た。本名は「ダブルインパクト花子」。現在近所の犬、ボンジョルノくんとコテツくんとお見合いが進められている。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ