非情の雨、ボランティア受け入れ中止 豪雨1週間の人吉市

西日本新聞 熊本版 江藤 俊哉

 記録的豪雨から1週間を迎えた熊本県南部は11日も雨が降り、球磨川流域の人吉市では10日に始まったばかりの災害ボランティアの受け入れが中止された。早朝から訪れた約30人は活動できないまま。多くの参加が期待された被災後初の週末だが、被災地支援の活動は雨に阻まれた。

 人吉市の災害ボランティアセンターが受け入れ中止を決めたのは、この日の午前7時すぎ。豪雨で氾濫した球磨川が再び増水したため、苦渋の決断だった。

 運営する市社会福祉協議会フェイスブックを通じて告知。会場入り口には手書きの看板を置いたものの、中止を知らない参加希望者が次々とセンターを訪れた。多良木町の田籠静男さん(73)もその一人。10日は民家に出向いて室内の泥を出し、家具を運び出した。これまでにも災害が起きた被災地で活動に取り組んでいるといい、「ボランティア仲間もたくさん来ていたが…。明日も来ます」と残念がった。

 今回は新型コロナウイルス感染防止のため、受け入れるボランティアを県内在住者に限定。悪天候が片付け作業などの遅れに追い打ちをかける。活動初日の10日も天候が悪く、参加したボランティアは想定の200人を大きく下回る59人だった。

 市社協事務局次長の速永同志子さんは「作業を始めてもらったとしても、午後から雨が強くなり危険になる可能性があると判断した。明日以降に期待したい」と梅雨空を見上げた。 (江藤俊哉)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ