高校生対象に40社 コロナ対策も万全 福岡市で合同企業説明会

西日本新聞 ふくおか都市圏版 小林 稔子

 来春卒業する高校生向けの合同企業説明会「ジョブドラフトフェス」(ジンジブ主催)が11日、福岡市博多区の福岡国際会議場であった。県内を中心に医療や建設、製造業など40社が、集まった255人の高校生に自社をアピールした。

 新型コロナウイルスの感染防止策で、来場者は入り口で検温し、マスクの着用や手指の消毒をして入場。各企業のブースには仕切板やビニールカーテンが設置され、担当者はマスクの上にフェイスシールドを着用する徹底ぶりだった。

 福岡市の神村学園高等部福岡学習センター3年池松優樹さん(17)は「コロナで不安はあったが、感染症対策がしっかりされていて安心した。いいなと思う企業もあった」。引率した木村奈緒美教諭(52)は「コロナの影響で職業体験もできていない状態だった。ようやく生徒が会社と密につながれる場所が持ててよかった」と語った。 (小林稔子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ