熊本豪雨の死者、8割が溺死 熊本県が64人の死因公表

西日本新聞 和田 剛 綾部 庸介 村田 直隆

 熊本県南部を中心に甚大な被害が出た豪雨で、県は13日午前までに、八代市、津奈木町、球磨村で新たに各1人の死亡を確認し、県内の死者は計64人になったと発表した。死因や発見状況も公表し、約8割の51人が溺死や溺死疑いで、36人が自宅や入所施設の屋内で発見された。未明に河川が急激に増水したため、逃げ遅れた人が多数いたとみられる。

 県によると、球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」で死亡した全14人を含む42人が溺死で、9人が溺死疑い。このほか、窒息死の疑い6人▽圧死2人▽多発外傷と多発外傷の疑いが各1人▽出血死の疑い1人▽胸部圧迫死1人▽調査中1人‐だった。

 県内で死亡が確認されたのは、球磨村24人▽人吉市19人▽芦北町10人▽八代市5人▽津奈木町3人▽山鹿市2人▽住所不明1人。(和田剛、綾部庸介、村田直隆)

 

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ