構想力問われる戦いに 王位戦第2局

西日本新聞

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑む第61期王位戦(西日本新聞社主催)の7番勝負第2局が13日午前9時、札幌市の「ホテルエミシア札幌」で始まった。

 第1局を落とした木村が先手番でタイに戻し、初防衛へ勢いをつけられるか。藤井は初タイトルの懸かった9日の棋聖戦第3局に敗れ、王位戦連勝で勢いを取り戻したいところだ。

 シリーズの流れを占う重要な一戦は、立会人の深浦康市九段の合図で木村が初手を「2六歩」と指した。

 互いに飛車先の歩を進める相掛かりの戦型に。木村は3六歩(13手目)から3七銀(25手目)と銀を繰り出した。藤井は47分を使い4四角(26手目)で飛車をけん制すると、木村が2七飛(27手目)と引き、昼食休憩に入った。

 深浦九段は「2七飛は木村王位のオリジナルの発想だと思う。非常に珍しい形になっており、これから2人の構想力が問われる戦いになりそうだ」と話した。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の14日は午前9時に再開、夜までに勝敗が決まる見通し。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ