敵機は六目標、有明海より平戸方向に【軍国少年日記】

西日本新聞

七月二十三日(月)曇

 おとゝひ書いたはがをだすのがおくれて、今朝出す。

 今朝の敵機は、主として朝鮮海峡および宇部・関門地区にて行動した模様である。朝鮮海峡に向った敵機は六目標で、有明海より北西進して平戸方向に向ったので、一時は「久留米・佐賀・長崎警戒を要す…」とアナウンサーがいった。

 本日は休暇。八時半、警戒警報とともに起床。今日は休暇。

 きのふの晩は、目がいたくていたくて中々眠れなかった。

 くにたけさんは今までびょうでずっと休んでいらっしゃったが、今日から工場に行かれるとのこと。伯母さんが心配していらっしゃった。

 牛島一雄さんが十六時頃こられた。

 〇時半空襲警報

 四時頃警戒警報

 八時半警戒警報

-------

 ※福岡県久留米市出身の竹村逸彦さん(89)が14歳だった1945年に書いた「軍国少年日記」を、できるだけ原文のまま掲載しています

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ