【動画あり】鉄道記者が訪ねる戦争遺構 駅舎に弾痕、九州各地に

 多くの人命や財産が失われた太平洋戦争。鉄道もまた、軍事輸送の要として敵の攻撃目標になった。九州各地の鉄道施設には、今なお当時を物語る遺構や碑が残っている。終戦から75年を迎えるのを前に、戦禍の「傷痕」を巡る旅に出かけた。

 最初に向かったのは、福岡県筑紫野市。福岡市・天神...

残り 2401文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR