災害関連死防いだ「食べる」支援 医師が語る“最強の備え”

被災地での歯科保健活動 (下)

 東日本大震災の被災地で歯科保健活動に携わりながらも、想定外の事態が続き不完全燃焼に終わった「おおた歯科クリニック」(福岡県太宰府市)院長の歯科医師、太田秀人さん(51)。だが、そこで得た貴重な教訓は、その後...

残り 2089文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR