福岡16人感染、経路不明12人 鹿児島は4人

西日本新聞 社会面 黒石 規之 野間 あり葉 松本 紗菜子

 福岡県では16日、新たに16人の新型コロナウイルス感染が確認された。

 福岡市は13人の新規感染を確認したと発表。10~50代の男女で、うち9人は同日時点で感染経路不明という。30代の女性2人は中洲の接待を伴う飲食店の従業員で、この店では客1人が陽性になっていた。感染者の判明は10日連続で、2桁になったのは4月21日以来、約3カ月ぶり。

 北九州市では、若松区の20代女性と小倉南区の80代女性の感染が判明した。ともに感染経路は不明。20代女性は6月11日から7月7日まで東京都に滞在していた。同市での感染確認は2日ぶりで、感染が再拡大した5月23日以降の累計は189人となった。

 このほか、同県では遠賀郡の無職の60代男性が感染した。感染経路は不明。今月15日に呼吸器系の別疾患で医療機関を受診後、検査を行い陽性が判明した。

 一方、鹿児島県では4人の感染が確認された。うち2人はクラスター(感染者集団)が発生した鹿児島市内の繁華街・天文館のショーパブ「NEWおだまLee男爵」の関連。同県内の感染者は累計162人、ショーパブ関連は計116人となった。 (黒石規之、野間あり葉、松本紗菜子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ