中国3.2%成長に回復 4-6月、2四半期ぶりプラス

西日本新聞 国際面 川原田 健雄

 【北京・川原田健雄】中国国家統計局が16日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比3・2%増えた。1~3月期は新型コロナウイルスの影響でマイナス成長だったが、2四半期ぶりにプラスに転じた。先進国に先駆けて成長軌道に戻った形だが、米中対立や洪水被害など不安要素も多く、V字回復が続くかは見通せない。

 4~6月期の成長率は市場予想を上回ったものの、6%超の成長率を続けてきた19年以前に比べると力強さに欠ける。世界的な感染拡大による需要の低迷に加え、香港情勢を巡る米中の対立も激化。中国南部の長江流域では大雨による洪水災害が続いており、経済復興に打撃となりかねない。専門家からは通年で1%程度の成長率にとどまるとの見方が出ている。

 中国は新型コロナ対策として厳しい移動制限措置を取ったため経済が低迷。1~3月期の成長率は前年同期比6・8%減と、四半期の統計がある1992年以降で初のマイナスとなった。感染を封じ込めた3月以降、生産と投資は徐々に回復。1~6月の工業生産は前年同月比1・3%減で、減少幅は1~3月の8・4%減から縮小した。6月は前年同期比4・8%増え、上昇率が前月から0・4ポイント拡大した。自動車や半導体などの生産が回復した。

 工場やオフィスビルの建設などを示す固定資産投資は1~6月に前年同期比3・1%減となった。依然マイナスだが、公共工事が増えて減少幅は1~3月の16・1%減から縮小した。

 一方、消費動向を示す小売売上高は1~6月に前年同月比11・4%減だった。1~3月の19%減から縮小したものの、生産や投資と比べると消費の回復は足取りが鈍い。

 国家統計局は16日の記者会見で、若者の失業率が悪化傾向にあるなど雇用状況が依然深刻だと指摘。雇用不安から消費者の購買意欲が高まらない実態をうかがわせた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ