「独自の深い世界があった」森崎東さん悼む 「ペコロス」岡野さんら

西日本新聞

 16日死去した映画監督の森崎東さんは、遺作「ペコロスの母に会いに行く」で、長崎市を舞台に認知症の母との日常をユーモラスに描いた。原作漫画(西日本新聞社刊)の作者、岡野雄一さん(70)=同市=ら関係者からは悲しみの声が漏れた。

 岡野さんは地元ラジオで共に出演した際、森崎さんが突然歌いだしたのを覚えている。「後で認知症の初期症状だったと知った」

 認知症をテーマにした映画で、「記憶は愛」と主張する森崎さんに対し、岡野さんには「忘れることも悪いことばかりじゃない」との思いがあった。しかし、2人の正反対の思いが絶妙に混じり合ったラストシーンに「漫画とは異なる独自の深い世界を見せてもらった」と感謝した。

 岡野さん役を演じた俳優・岩松了さん(68)=長崎県川棚町出身=は、撮影時にお互いの古里長崎の話をした。「終戦直後に割腹自殺した実兄や、原爆のことが引っかかっていた。それが森崎作品の底にあったように思う」と惜しんだ。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ