竹串でしたためる葉っぱのお手紙 ふみの日を前に福岡市植物園で催し

西日本新聞

 はがきの語源といわれる植物「タラヨウ(多羅葉)」の葉に手紙を書く催しが18日、福岡市植物園であった。旧郵政省が文月(7月)の23日にちなんで制定した「ふみの日」に合わせた企画で、近隣6郵便局と協力して行った。

 硬くて厚い葉は長さ約15センチ前後で、とがったもので引っかくと跡が茶色く浮かび上がる。戦国時代には通信に使われていたという。

 竹串で手紙をしたためた葉は封筒に入れ、特設の郵便ポストに投函(とうかん)。小学6年の男児は「コロナで会えないおばあちゃんに出した。手が(葉の縁で)チクチクして何だか不思議な気持ち」と笑顔だった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ