豪雨被害730カ所に拡大 JR九州、肥薩線2駅でホーム流失

西日本新聞 布谷 真基

 JR九州は21日、九州各地を襲った豪雨による被災が17路線で計730カ所に広がったと発表した。肥薩線の未調査区間で、瀬戸石、球泉洞両駅のホーム流失など新たに385カ所の被害を確認した。鹿児島線は8月3日までに全線で、久大線は同月末までに一部を除いて運行再開する。

 肥薩線のうち、これまで熊本県八代市と球磨村を結ぶ鎌瀬-渡間の被害を確認できていなかった。この区間にある瀬戸石駅ではホームが跡形もなく消えていた。球泉洞駅でも駅舎の一部を除き原形をとどめていなかった。他にも多数の場所で線路の土台となる地盤が流出したほか、法面が崩壊し土砂が線路に流入した。

 肥薩線は引き続き八代-吉松間で当面運行を見合わせる。久大線は特に被害が大きかった豊後森-庄内間は当面不通となるが、日田-豊後森間は8月8日、庄内-向之原間は8月末の運行再開を予定する。2区間が不通の鹿児島線も、7月末~8月初旬にかけて順次再開する計画という。

 第三セクターのくま川鉄道は人吉温泉-湯前間の全線で、肥薩おれんじ鉄道は八代-水俣間で再開の見通しが立っていない。(布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ