今日より、福岡地区は西と東に分たれる【軍国少年日記】

西日本新聞

八月一日(水)晴後曇

 今日もけっせきほとんど良くなったが、まだ下痢する。十二時以降は全く通じはなくなった。

 今頃の敵機は主として小型機(本州沖に近づける敵機動部隊の艦上機およおきなわ基地より出たもの)である。

 今日より、福岡地区は西福岡と東福岡とにわかたれることになった。久留米は西。

 またペン字のくづし方をけいこする。

 母、北野に野菜の買ひ出しに行く。

 十時しゅうしん

 二十三時警戒警報

 六時半警戒警報

 九時半警戒警報

 十二時空襲警報

-------

 ※福岡県久留米市出身の竹村逸彦さん(89)が14歳だった1945年に書いた「軍国少年日記」を、できるだけ原文のまま掲載しています

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ