豪雨被災の高齢者にタクシー券を NPOが資金募る 大牟田市

西日本新聞 社会面 吉田 賢治

 九州全域を襲った今月の豪雨災害を受け、福岡県大牟田市のNPO法人「三池港未来のまちづくり会」は、被災地域の高齢者や、車が水没して日常の移動手段に困っている市民のために、タクシーチケットを配布する支援を始める。27日からネット上で資金を集めるクラウドファンディング(CF)で300万円を目標に支援金を募る。

 同会は大きな被害を受けた三川地区を中心に、まちづくりを進めている市民団体。会員約30人のうち半数が床上浸水などの被害に遭った一方で、避難所への弁当配布といった活動も行ってきた。その中で移動の足に困窮している高齢者が多いことが分かり、支援を企画したという。

 配布対象は、被災者のうち70歳以上または自家用車の廃車証明書のある市民。1世帯に1回限り2500円分のチケットを配布する。入江裕二郎理事長は「買い物や、一時の安らぎのための食事に出掛ける際に使ってほしい」と話す。

 配布は8月11日から三川地区公民館で先着順。配布枚数は募金額に応じて毎日変わる。寄付はCF以外に銀行振り込みもできる。詳細は同会のフェイスブックへ。 (吉田賢治)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ