「最大の危機」熊本県内で初のクラスター 知事「第2波」懸念し緊張感

西日本新聞 熊本版 綾部 庸介 大坪 拓也

 熊本県内の新型コロナウイルス感染確認者数が26日、初めて2桁に達した。有明保健所管内(荒尾市、玉名市郡)の事業所で県内初のクラスター(感染者集団)が発生。同日夕、県庁で記者会見した蒲島郁夫知事は「今回が最大の危機」と緊張感をにじませた。

 県内の感染確認は7日連続。これまでの1日の最多感染確認者数は3人で、大幅に上回った。

 クラスターが発生した県内の事業所では、25日に福岡県在住の従業員の感染が判明。県は濃厚接触者90人の検査を進め、同日中に有明保健所管内に住む20代男性従業員の感染が判明。26日は夕方までに、さらに同僚や取引先の30~50代男性7人の感染が分かった。県は残り約80人の濃厚接触者の検査も進めている。

 県によると、この事業所では、マスク着用や換気などが徹底されていなかったとみられるという。蒲島知事は「基本的な感染防止対策を徹底してほしい」と呼び掛けた。

 東京都や大阪府、福岡県などで感染者が増加し、感染拡大の「第2波」が懸念されている。蒲島知事は「断言はできないが、拡大傾向にあることは間違いない。専門家と早急に協議し、今後の対応を決めたい」と強調した。

 県内では他に、山鹿市の20代男性介護職員の感染も判明。22日の夜勤後に発熱したという。熊本市は、西区在住の20代女性と東区在住の30代男性の感染を発表した。 (綾部庸介、大坪拓也)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ