あの映画その後

自然エネルギーが世界で急拡大、日本は後進国に 飯田哲也さんに聞く

西日本新聞 吉田 昭一郎

あの映画その後 震災原発事故10年目へ~「日本と再生 光と風のギガワット作戦」(1)      福島第1原発事故関連のドキュメンタリー映画の監督たちにインタビューする連載「あの映画 その後」。第4部は国内外の再生可能エネルギーの動きを追った「日本と再生-光と風のギガワット作戦」(2017年、河合弘之監督)を取り上げる。再生エネの導入は今、新型コロナウイルス禍で落ち込んだ経済の復興に向けた有力策ともされる。認定NPO法人「環境エネルギー政策研究所」の飯田哲也(てつなり)所長(映画企画・監修)に、再生エネの現状と展望、導入が立ち遅れた日本の課題を聞いた。

「太陽光と風力が世界のエネルギーの中心に」

 「新型コロナではないですけど、自然エネルギー(再生可能エネルギー)は世界で指数関数的に増えています。特に太陽光発電の増え方は爆発的です。河合監督と『日本と再生』の取材・撮影を始めた2015年当時、その直近5年間の急速な普及に驚いたんですけど、その後の5年間でさらに加速した。10年前なら『太陽光で世界のエネルギーを賄う』なんて言っても相手にされなかったのが、今や国際機関やシンクタンクがこぞって『太陽光と風力が世界のエネルギーの中心になる』と予測しています」

 世界の再生エネの動向を調査し政策提言を重ねる飯田さんは、エネルギー転換の勢いを実感している。

 世界の再生エネの発電設備量をみると、2019年まで10年間で、風力発電は160ギガワットから650ギガワットへ4倍増で、発電コストは7割減。太陽光発電は23ギガワットから630ギガワットへ27倍も増え、発電コストは9割減った=REN21「自然エネルギー世界白書2020」より。1ギガワットはおおむね原発1基分に相当すると聞けば、そのスケール感が伝わる。

 今は世界の全発電量のうち風力はまだ6%、太陽光は3%だが、10年前はそれぞれ1・4%と0・1%だったから驚異的な伸びだ。IRENA(国際再生可能エネルギー機関)の見通しは、2050年には再生エネが86%を占め、その大半は風力と太陽光で賄われるという。

デンマークの洋上風力発電所を現地取材する河合弘之監督(上)と飯田哲也さんⓒKプロジェクト

 

石炭火力を下回る発電コスト

 地球温暖化防止へ脱炭素化をうたう国際合意「パリ協定」(2015年)は、石炭など化石燃料の火力発電から再生エネへのエネルギー転換を促した。

 英国のシンクタンク「カーボントラッカー」は、世界の太陽光の発電コストは既に新設の石炭火力を下回り、新設よりコスト安の既設石炭火力もあと数年で下回ると予測。太陽光と蓄電池をセットにした発電コストで見ても、20年代後半には新設石炭火力を下回るという。

 「世界では既に太陽光が一番安いエネルギー源。1キロワット時当たり2円以下で取引される例もある。化石燃料から再生エネへのエネルギー革命が現実味を帯びています」「石炭とガス火力発電は今後10年で、投資資金が回収できずに不良債権化する恐れがあります。石油も含めて化石燃料市場が大暴落し、関連産業の負債総額は世界全体で数百兆円から1千兆円超に上るのではないでしょうか」

 エネルギー転換の勢いは、再生エネの発電量の不安定さを補う蓄電池の開発が急速に進んでいるところにも見て取れる。「蓄電池の電力貯蔵コストが10年間で8割も減って、実用化されています。『日本と再生』の将来展望で一つ読み違ったところ。ここまで普及するとは思わなかった」

 「米国の電気自動車メーカー『テスラ』がオーストラリアのアデレード郊外に建造した世界最大の大型蓄電池を見て、ああっ、と。75億円かけて建造し、1年間で30億円稼いで2年半で投資回収できる、と。停電もそれで防ぐことができるようになった、と言うんですから」

 それは、社会・経済が着々と再生エネ仕様に変化する世界の現実を一目で伝える動きなのだ。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ