熊本県で新たに15人感染 小学生男児や外国籍男性も

西日本新聞

 熊本県では30日、八代市に住む10歳未満の小学生男児ら15人の新型コロナウイルス感染が確認された。県内の感染者は計171人となった。

 県によると、男児は28日に感染が発表された小学校教諭の接触者。20~22日に教諭の授業を受けており、24日に発熱した。現在は症状はないという。

 クラスター(感染者集団)が発生した施設では、山鹿市の介護老人保健施設の入所者2人と、ジャパンマリンユナイテッド有明事業所(長洲町)で働く4人の感染をそれぞれ確認。同事業所の感染者の親族2人も感染していた。このほか、南関町の男性2人は、福岡県の感染者の濃厚接触者という。

 熊本市は30日、同市北区に住むオーストラリア国籍の20代男性ら4人の感染を発表。男性は2月に来日し、農業のアルバイトをしていた。

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ