大牟田にあった国内最大の収容所 連合軍捕虜1700人を炭鉱労働力に

西日本新聞 筑後版 吉田 賢治

今は知る人少なく

 戦時中、全国135カ所あった連合軍捕虜収容所のうち、2カ所が福岡県大牟田市にあった。戦争捕虜の実態を調べる市民団体「POW研究会」によると、大牟田の第17分所は国内最大で、収容人員は米国人やオーストラリア人など計約1700人。三池炭鉱の労働力として集められた。

 「大牟田の空襲を記録する会」(中嶋光秋代表)が昨年発行した証言集「第30集」には、収容所に関するPOW研究会の特別寄稿が掲載されている。この中には、終戦直後に収容所を取材し、元捕虜から過酷な坑内作業の証言を得た米国人ジャーナリストの記事も一部引用されている。

 「屈辱、拷問、飢え、侮辱。ネズミのように扱われた」「労働、病気、飢え、死が解放だった」…。戦後の戦犯裁判で、当時の分所長らは捕虜殺害などの罪で死刑判決を受けた。

 第17分所の建物は、海岸沿いに木造長屋が並ぶ三池炭鉱新港町社宅の隣にあった。今は収容所も社宅も跡形はなく、貯炭場になっている。戦後すぐは約700世帯が暮らしていたとされる社宅の出入り口付近は、今はヤブが生い茂っている。かき分けて中に入ると、社宅の門柱やブロック塀とみられる遺構があった。

 「捕虜収容所は終戦直後に解体された。そんな大きな施設があったことさえ多くの市民は知らないのではないか」。80歳の中嶋代表も、十数年前に初めて知ったという。「痕跡はなくとも、戦争の歴史の一つとして記憶をつなげていきたい」。中嶋代表は、証言集に掲載した思いを語る。

(吉田賢治)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ