「コロナ予防徹底を」福岡県医師会 休業要請の必要性考えず

西日本新聞 ふくおか都市圏版 斉藤 幸奈

 福岡県内で新型コロナウイルスの感染者が急増している状況を受け、県医師会は30日、基本的な感染予防策の徹底を呼び掛けた。若い世代を中心に感染が拡大し、無症状や軽症者が多いが、高齢者にも広がれば、一気に重症者が増える恐れがあるとの懸念を示した。

 福岡市内で記者会見した松田峻一良会長は「こんなに急激に増加するとは予想していなかった。特効薬やワクチンができるまで、個人が感染予防にしっかり取り組んでほしい」と話した。急増の背景には行動範囲の拡大や会食の機会が増えたこと、首都圏との往来の影響などがあると指摘。現時点で医師会として休業要請の必要性を県に働き掛けることは考えていないとした上で「業種に応じた対策を徹底しなければならない」と強調した。

 家庭の事情などにより宿泊施設で療養せず、自宅療養を選択するケースがあることにも触れ「家庭内での感染を防ぐためにも、宿泊施設での療養が大事なことを理解してほしい」と訴えた。

(斉藤幸奈)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ