1945/8/1の紙面から【8月の暦】

 〈水田の除草、灼土の耕作(略)、焼け跡の緑化など、秋の収穫に備えて炎天の八月になすべきことは多い。都市、農村とも敵機来襲いよいよ苛烈となることを覚悟して万全の備えを固めよう〉...

残り 614文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR