やっと夏休み「たくさん遊びたい」 コロナ影響、小中学校で終業式

西日本新聞 佐賀版 津留 恒星

 佐賀県内の多くの小中学校で31日、1学期の終業式があった。新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮され、例年より遅い終業式となったが、子どもたちは待ちわびた夏休みの訪れに胸を弾ませていた。

 唐津市の浜崎小(687人)では、3密を避けるため全校児童を体育館に集めず、各教室で実施。武冨貞祐校長が校内放送で「いつもと違う1学期をよく頑張った。感染防止に努め、心と体を大切に過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 同校は臨時休校に伴う評価材料の不足から、通知表の配布は9月末に延期した。1年生の松永流輝斗(りくと)君(6)は「水泳や遠足がなかったのは残念だったけど、夏休みは海や花火でたくさん遊びたい」と話した。 (津留恒星)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ