唐津くんち、曳山巡行中止へ ユネスコの無形文化遺産

西日本新聞 社会面 津留 恒星

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ユネスコ無形文化遺産に登録されている佐賀県唐津市の唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」(11月2~4日)で、街を絢爛(けんらん)豪華に彩る曳山(ひきやま)巡行が中止される方針であることが1日、分かった。戦時中を含めて過去に曳山巡行が中止となった記録はないという。

 関係者によると、県内外から大勢の観光客が集まることから感染リスクを考慮した。今年は神事のみを執り行う予定。唐津くんちを運営する唐津曳山取締会が近く、臨時総会を開いて正式決定する。

 17世紀後半に神輿(みこし)の神幸(しんこう)が始まったとされ、1819年以降、14台の曳山が巡行する現在の形式になった。毎年11月2日に宵曳山(よいやま)、3日にメイン行事のお旅所神幸、4日に翌日祭がある。昨年は3日間で計57万人(取締会発表)が訪れた。

(津留恒星)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ