町に活気を 真夏の夜のサプライズ 3カ所から花火225発

 芦屋町で1日夜、町内3カ所から花火が打ち上がった。人が集まるのを避けるため、事前告知は当日、広報車が町内を巡り、打ち上げ時刻を知らせただけのサプライズ花火だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大で花火大会を中止した町が、少しでも町に活気を取り戻し、ウイルスと最前線で闘う医療従事者に敬意を表そうと企画した。

 花火は芦屋港など3カ所から、75発ずつ打ち上げられ、美しい光の花が夜空を彩った。町内の高台からは同時に2カ所から上がる花火が見えた。 (菊地俊哉)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR