福岡県内のホームレス、4年ぶり増加で260人に 1月時点調査

西日本新聞 ふくおか版 豊福 幸子

 県は、今年1月時点で確認した県内のホームレスは260人(前年同期比10人増)で、4年ぶりに増加したと発表した。2003年の調査開始以降、09年の1237人をピークに減少傾向が続き、19年は過去最少となっていた。全国の都道府県では4番目に多かった。

 調査はホームレス自立支援特別措置法に基づき、厚生労働省の委託を受けた各自治体が巡回による目視で実施。7市町で確認され、市町別の最多は福岡市の184人(同16人増)。北九州市58人(同6人減)、久留米市14人(同2人増)-と続いた。

 内訳は、男性241人、女性19人。確認場所は、都市公園71人、道路45人、駅舎18人、河川13人、その他施設113人だった。

 県保護・援護課は「ホームレスは減少傾向にあるが、自立支援策は継続して着実にやっていく必要がある」としている。 (豊福幸子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ