長崎の県立高校でクラスター 宮崎県は最多の30人感染

西日本新聞 社会面

 福岡県では2日、新たに145人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの新規感染者が100人を超えたのは、5日連続。

 福岡市では98人の感染が判明。市によると、年代が判明している85人のうち8割超が30代以下で、重症者はいない。九州産業大(東区)の同じ部活に所属する学生10人の感染が分かり、市はクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。中央区のダンスクラブ「Cat's Fukuoka」では、新たに客3人の感染が分かった。

 北九州市は計18人の感染を発表。市内全7区で確認され、幼稚園児2人を含む9人が20代以下、7人が感染経路不明だった。久留米市は、いずれも市内に住む20~60代の男性3人の感染を発表した。県はこのほか、10~60代の男女26人の陽性を確認。重症者はいなかった。

 佐賀県では男女計5人の感染が確認された。このうち、佐賀市と江北町の30代の男性2人はクラスターが発生した同市のラウンジ「月の下」の客。

 長崎県では23人の感染が判明した。県と長崎市によると、うち9人は県立長崎北陽台高校(長与町)の生徒。同校では既に20代男性教諭1人と生徒1人の感染が確認されており、県は同校でクラスターが発生したとの見方を示した。

 熊本県では、玉名市に住む10歳未満の小学生男児ら20人の感染が確認された。県によると、この男児はクラスターが発生したジャパンマリンユナイテッド有明事業所(長洲町)の従業員の家族。山鹿市民医療センター(山鹿市)では入院患者の70代男性が感染。同センターは新規入院の受け入れを停止した。

 宮崎県では30人が感染。1日当たりの感染者の確認数はこれまでで最多となった。河野俊嗣知事は2日午後、県庁で記者会見を開き、直近の1週間で人口比の感染者数が全国6位と急増していることを踏まえ、県民に注意を呼び掛けた。 (新型コロナ取材班)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ