90の祝い「早く渡したい」豪雨で不明1ヵ月 再会願う、おい夫婦

西日本新聞 熊本版 村田 直隆

 熊本県南部を襲った豪雨による球磨川の氾濫で自宅が浸水し、現在も行方不明となっている城幸恵さん(90)=芦北町天月=のおい文博さん(73)と妻裕子さん(71)ら親族が3日、手渡すはずだった誕生日プレゼントの洋服や花を幸恵さん宅に届け、早期発見を強く願った。

 7月4日朝、町中心部にある文博さんの自宅が浸水。幸恵さんを案じて電話したがつながらなかった。道路は冠水や土砂でふさがり、自転車で3時間かけ幸恵さん方に到着。しかし、姿はなく「どこかに避難していて」と願ったが、連絡はとれなかった。

 文博さん夫妻は、幸恵さんの買い物や通院の送迎をし、定期的に食事をしていた。裕子さんは「息子や孫の面倒も見てくれた。穏やかな性格で、母親のような存在」と話す。同6日は幸恵さんの誕生日で、卒寿祝いも兼ねて7月下旬の連休に集まる計画を立てていたという。

 この日、親族たちは「おばさんのところに届くように」と、自宅下の球磨川に花を流した。文博さんは、窓ガラスが外れた幸恵さんの寝室にプレゼントを置き「一日でも早く見つかってほしい」と涙ぐんだ。一緒に来た文博さんの孫悠汰君(11)も「とても優しいおばちゃんの姿を早く見たい」とうつむいた。

 一連の豪雨災害では、谷口修二さん(63)=八代市坂本町中谷=の行方も分かっていない。 (村田直隆)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ