防災無線通じ犠牲者追悼 不明者の早期発見祈る 芦北町

西日本新聞 熊本版 綾部 庸介

 熊本県芦北町は3日、熊本豪雨から1カ月を迎えるのに合わせて町内の防災無線を通じて犠牲者を追悼した。

 町役場では3日正午、職員約300人と来庁者が約1分間黙とう。その後、竹崎一成町長が「遺族には哀悼の意を表する。行方不明者の一日も早い発見を心よりお祈りする」と、事前に録音したメッセージを放送した。

 同町では、県道の崩落などにより16カ所あった孤立集落が7月末時点で全て解消しており、竹崎町長は「今後は道路の完全開通により、復旧作業が本格化していく」と強調した。

 役場前で放送を聞いていた同町田川の女性(66)は「犠牲になられた方のお見舞いなどで忙しかった。あっという間の1カ月。復興はこれからですね」と話していた。

 (綾部庸介)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ