島民守り80騎で奮戦 対馬守護代の騎馬像が完成

西日本新聞 長崎・佐世保版 平江 望

 鎌倉時代の元寇(げんこう)(蒙古襲来)「文永の役」(1274年)で戦死した対馬の守護代、宗助国(そうすけくに)の騎馬像が、助国やその家臣らを祭る長崎県対馬市厳原町の小茂田浜(こもだはま)神社の境内に建立された。高さ4メートル、重量2トンで、製作した業者によると「騎馬像としては国内最大級」。2024年に迎える文永の役から750年の節目を前に、対馬歴史顕彰会会長で会社役員の武末裕雄さん(76)=対馬市=が私財を投じて完成、寄贈した。

 助国は対馬の初代島主とされる武将。文永の役で元と高麗の連合軍は約900隻の軍船に2万5千人を超える兵士が乗り込み、対馬を襲来したとされる。助国は島民を守るため小茂田浜から手勢わずか80騎ほどで迎え撃ち、壮烈な最期を遂げたという。

 騎馬像は青銅製で、台座を含めた全高は7・7メートル。富山県高岡市の業者が同神社の「元寇奮戦図」などを参考に、甲冑(かっちゅう)姿の助国が馬上から矢を放った勇猛な姿を再現した。台座は地元企業2社が寄進した。

 1日にあった除幕式には地区住民など約150人が出席。宗家の子孫で36代目の宗中正さん(60)=千葉県柏市=の「700年の時を超え、小茂田の地に再び姿を現した馬上の助国。人類の平和への願いと、苦難に立ち向かう勇気の象徴として、これからの対馬を担う子どもたちを長く見守り続けていくことを願っています」というメッセージが代読された。

 氏子で小茂田地区区長の斉藤正敏さん(68)は「夢のよう。対馬のパワースポットになってほしい」。武末さんは「小茂田浜の戦いは、日本の一大歴史ブランド。歴史や観光の情報発信にも役だってくれることを願っています」と話した。 (平江望)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ