由布市の旅館経営男性、依然行方分からず 大分県

西日本新聞 社会面 中山 雄介

 大分県では筑後川など大小の河川が氾濫。日田市や由布市で川に流された男女5人が遺体で見つかり、同市湯布院町湯平の旅館を家族で営む渡辺知己さん(54)の行方が分かっていない。負傷者は5人。

 インフラ関連では、国道、県道、市町村道の計370カ所以上が被災(3日現在)。道路が崩落した日田市天瀬町と玖珠町間の国道210号は、20日ごろ復旧する見通し。

 農林水産被害は7月27日時点で2895件、被害額は73億9500万円。 (中山雄介)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ