「驚いた」民家から白煙、火災現場で男性を救助 会社員2人に感謝状

西日本新聞 佐賀版 津留 恒星

 佐賀県唐津署は7月29日、唐津市での民家火災で70代男性を救助したとして、同市江川町の食品会社「北川商店」に勤める野崎哲男さん(61)、水野孝政さん(40)に感謝状を贈った。

 署によると火災は6月11日午前5時20分ごろ、同社に隣接する民家で発生。ちょうど出社した水野さんがゴムが焼けたようなにおいに気付き、民家から白煙が上がっているのを確認。社内で作業中だった野崎さんに状況を伝え、119番した。野崎さんは民家に1人で暮らす男性の両脇を抱えて外に連れ出した。男性にけがはなかったという。

 同署であった感謝状贈呈式で福島寛人署長は「発見が遅れていたら生命に危険があった思う。ありがとう」と感謝した。野崎さんは「煙を見たときは驚いたが、助かって良かった」、水野さんも「無事で良かった」と話した。 (津留恒星)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ