体長113・7ミリ! ヒラタクワガタの〝ギネス〟記録 福岡の男性飼育

西日本新聞 古長 寛人

 体長113・7ミリ! 福岡県水巻町の完山智一さん(43)飼育のクワガタ「パラワンオオヒラタ」が専門誌「ビークワ」におけるヒラタクワガタのギネス記録を更新した。5年ほど前から飼育に乗り出した完山さんは「将来は子どもたちに生き物を飼育する楽しさを伝えたい」と夢を広げる。

 パラワンオオヒラタはフィリピン・パラワン島に生息し、コレクターの間で人気が高い。完山さんは2018年9月に雄と雌を交配させ、卵を採取。専用の「菌糸瓶」で大事に育て、19年7月に成虫となった。クワガタを取り扱う「ビークワ」に送って測定してもらったところ、従来の記録を0・5ミリ上回ると確認された。

 完山さんは北九州市八幡西区堀川町で居酒屋を経営。従業員だった男性からクワガタ飼育を勧められた。店の倉庫で育て方を教わり、のめり込んだという。

 現在は自宅に6畳ほどの専用の飼育室を開設。24時間の温度管理が必要で、常時21~22度、湿度50%前後に保ち、「夏場は除湿機で湿度が上がらないように、冬場は乾燥しないよう気配りをしてきた」(完山さん)という。

 現在も200~300匹のクワガタを飼育する完山さん。「神経を使いながら育てた結果なので励みになる。今後も記録更新を目指したい」と意欲を見せる。(古長寛人)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ