“先人の知恵”で豪雨被害減 住民も加勢「先行排水」

西日本新聞 筑後版 森 竜太郎

検証 2020筑後豪雨(4)

 福岡県柳川市の雨が強まる3日前、7月3日夕方のことだった。柳川市三橋町柳河で農業法人を営む椛島貞博さん(73)の携帯電話に、市水路課から着信があった。「干潮に合わせ、排水門を開けてください」

 同じ連絡は農業関係者や地元区長ら約700人にも行き渡る。連絡を受けた椛島さんたちは市内にある約1100の排水門に駆けつけて開門。4日には幹線水路の水位が1・5メートルほど下がり、市内を網の目のように走る掘割のあちこちで底が見えるほど水が減った。泳げなくなっていたコイも救出した。

 柳川市では6日午前8時からの24時間雨量が361・5ミリを記録。甚大な被害があった2012年の九州北部豪雨の281・0ミリを超え、過去最多を更新した。それでも市街地が大規模冠水した久留米市、大牟田市に挟まれる地勢にもかかわらず、被害は床上浸水2件、農業被害(速報値)も両市の1~2割程度に抑えられた。排水した掘割が大量の雨水を受け入れ、ダムの役割を果たして冠水被害を軽減できたとみられる。

   ×    ×

 柳川市の掘割は網の目のように広がり、総延長は930キロ。ざっと羽田空港までの距離に匹敵する。干拓地が多く、真水の確保が難しかった柳川市で、河川から水を引いたり雨水をためたりするために掘られ、掘った土を盛って田畑や家屋を作った。対水害の視点でみれば、雨水の行き場と盛り土を確保できる“先人の知恵”だ。さらにその機能を最大限に生かすため、市水路課が主導するのが、椛島さんたちが奔走した「先行排水」だ。

 本格的に始まったのは12年の九州北部豪雨以降。同課の松永久課長は「農業被害がひどかった。以前にはなかった雨の降り方が増え、一気に危機感が高まった」と話す。雨量予測が外れれば農業用水不足につながるリスクもあるが、農家の理解もほぼ得られるようになったという。

 実はすでに江戸時代に、柳川藩で先行排水が進言された記録がある。1800年代の重臣、吉田舎人(とねり)が家老の立花内膳に送った緊急の書状が柳川古文書館に残る。「きっと洪水になる(中略)予防的に二丁井樋(いび)の南側を片ぶた、北側のふたをすべて開放した方が良い」-。ここにも先人の知恵が垣間見える。

   ×    ×

 住民の中には、もう一つ大事な仕事を担う人がいる。雨が許容量を超え掘割が満杯に迫ると、越水を防ぐため河川に強制的に排水するポンプを稼働させる仕事だ。20カ所の排水機場の操作を約60人が担当。椛島さんはその役目も負う。

 市は6日朝に排水機稼働を要請。椛島さんは「怖いぐらいの雨」の中、近くの小坪排水機場へ軽トラックを走らせた。稼働時は「不寝番」を置くのが原則。建築業を営む北原覚さん(71)=同市三橋町柳河=ら4人とともに交代でポンプを見守り、取水口に引き揚げられる大量のごみを雨に打たれながら撤去した。

 8日朝まで稼働させながら、地区の掘割の監視も続けた椛島さん。「6日、7日は一睡もしなかった。排水門やポンプの性能が上がっても、人の手で水を管理するのは変わらない」。期間中、同じように働く住民が市内全域にいたという。

 先人の知恵とそれを生かした新しい工夫。そして、今も昔も掘割と生きる柳川の人々が、自らの手で自らの命を守る取り組みは興味深い。 (森竜太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ